FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10 モルジブ(7)

★クリックしたページにジャンプします★
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11)



モルジブアネモネフィッシュ
一見、ハナビラクマノミのようですが、モルジブ固有種は腹ビレ~尻ビレが黒いです。
ミツボシクロスズメダイは太平洋のと変わりませんね。


イソギンチャクから離れないのでワイドレンズでも大きく撮れます。


正面顔ゲットですがピントが・・・


ジンベエマンタ捜索中(といっても4本目ですでに夕方5時)なので超ワイドレンズですが、通りがかりにきれいなイソギンチャクから住人が顔を出してたのでダイバーも絡めて風景っぽく撮ってみました。


みんなどんどん先にいっちゃうのですが、ちょっと寄って撮ってみます。モルジブアネモネフィッシュはそれなりにたくさんいるのですが、このように裏側が紫色のイソギンチャクのほうがぐっと絵になるので、紫色に住んでるやつを重点的に撮りました。
なんでイソギンチャクの裏が紫だと綺麗に見えるのかな~?と考えてみたら、紫は触手の黄緑色と補色の関係にあるからですね。そしてクマノミのオレンジ色は海の濃い青色と補色関係にあります。


もう一枚。西太平洋の沖縄以南ではあちこちでサンゴだけでなくイソギンチャクも温暖化でピンチですがモルジブのイソギンチャクはこのとおり色が濃くて健康でした。どちらも水温29℃が限界で30℃が続くと白化するようです。


ワイドですが、寄れるだけ寄ってみました。手前の方のピントが・・・


こちらは50mmマクロ撮ったものであります。かなり寄っているので、ちょこちょこ動いている最中に2匹ともピントを合わせるのは難しいのであります。


もう1枚。こちらは一瞬動きが止まったとき2匹ともピントが合うように狙いました。


これも狙いました。ファミリーでしょうか。ずいぶん一杯住んで狭そうですねぇ。イソギンチャクが開けば10匹くらい住めるほど大きいのかな~?


こんなクマノミもいます。なんか伊豆にいるのとまったく同じですねぇ。


もう1枚。正面顔です。


もう1枚。モルジブで撮らなくても伊豆でいくらでも撮れるじゃない!なんて言わないでほしいのであります。


デバスズメダイ
これはお馴染みの景色ですね~。臆病なので、近づくとすぐサンゴの中に引っ込んでしまいますが、そのまま動かずしばらく待ってると、こうして出てきてこっちの様子をうかがいます。こっちの様子をうかがうということはカメラ目線になるということなので、そこを狙って撮るのだ。
白黒のやつは、ミスジリュウキュウスズメダイ。フタスジリュウキュウスズメダイとヨスジリュウキュウスズメダイもいるんです。



なんていうスズメダイ?
オジロスズメダイに似てますが、違いますね。たまに見かけましたが、そのたびに固有種かな~?と気になってました。



なんていうテンジクダイ?
アオスジテンジクダイに似てますが、違いますね。尻尾の黒い帯がないので。テンジクダイだかネンブツダイだかイシモチだかわかりませんが固有種ですかね~?



クロユリハゼ
すごくたくさんいました。ペアじゃなくて群れてるのもたくさんいました。実はクロユリハゼって好きなんです。でもすぐ逃げるし、寄れないのでワイドレンズでは撮れないのであります。おしりからなんか出てる。。



★クリックしたページにジャンプします★
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11)


 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

 のんべぃ

Author: のんべぃ
神奈川県藤沢市在住

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。