FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-5 ボホール(4)

★クリックしたページにジャンプします★
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)



ジンベエのあとは、打って変わってマクロです。6日間で18ダイブしたのですが、そのうち15ダイブはマクロでした。
今回のボホール遠征で目標として掲げたキーワード! それは・・・
 ・スズメダイ
 ・チョウチョウウオ
 ・幼魚
 ・正面顔
です! 
スズメダイとチョウチョウウオは、いつも成魚を横から撮った図鑑写真ばかりだったので、今回は図鑑っぽくない可愛い写真にチャレンジなのであります。ボホールに行く前に、魚の種類も図鑑やインターネットでかなり予習したのであります。
それでは、スズメダイの巻の始まり始まり~


クロメガネスズメダイ
これは成魚です。このオサカナ自体、あまり見かけなかったので、幼魚は見つけることができませんでした。
スズメダイは、幼魚のうちは背びれに黒い丸があって、成魚になると黒い丸が消えてなくなるというパターンが多いのですが、このオサカナは成魚になっても黒い丸が消えません。それほど動きは早くないし臆病でもないので、見つけさえすれば割と簡単に撮れます。


柏島とか和歌山にもいるようですが、サンゴと絡めると南国風です。


正面顔が撮りたいのを察してか、ポーズとってくれました。でも、証明写真じゃあるまいし、真正面だと可愛くないです(笑)



タルボットダムゼル タルボットドムワゼル (2014-6-1 訂正:ダムゼルでなくドムワゼル)
このオサカナも成魚になっても黒い丸が消えません。幼魚は目の上と下に青い線があるのでチャーミングです。
たくさんいるし、臆病でないので簡単に撮れます。



ローランドダムゼル(幼魚) ローランドドムワゼル(幼魚) (2014-6-1 訂正:ダムゼルでなくドムワゼル)
今回の遠征のお目当てのサカナの5本指に入るサカナです。この個体は、小豆ほどの大きさでしょうか・・・多分生まれて間もないと思います。幼魚には頭の上に天使の輪があって可愛いんです。
このオサカナはお目当てだったし、結構たくさんいたので、たくさん撮ったのですが、ほとんどがピンボケでした。と言うのも、とにかく動きが早くて不規則で撮りにくいんです。止まることもなくずっと泳ぎまわってます。例えるなら、花の周りを飛んでるチョウチョの目玉にピントを合わせるような難しさです。
ピントを合わせようと息を止めたりして長時間粘って撮ってると、EX後に頭痛がします・・・


この個体はもうちょっと成長して小指の先くらいの大きさです。F8まで絞ってるんですが、最短距離近くで撮ると被写界深度がものすごく浅くなり、正面から撮ると、このとおりピントがすごくシビアです。鼻先にピントがきちゃってます。目玉とほんの5mmくらいの差なんですが、相手はチョコチョコとせわしなく動いてるので、目玉にピントを持ってくるのは困難というか、ほとんど奇跡だと思います。なので、F11かF16まで絞って、おっさん撮り(※)をすればよかったです。
 ※F値を絞って被写界深度を深くしてピントの合う率を高める方法。老眼になりファインダーを覗いてもよく見えないので、
  このような姑息な手段に出る中年ダイバーが多いことから呼ばれるようになった(笑)
  (ゆかちんさん情報 http://kissdivinglog.blog137.fc2.com/blog-entry-225.html より)


向きを変えるときが一番スピードが落ちるときなのでシャッターチャンスです。・・・がこれも体の真ん中あたりにピントがきちゃってます。シャッター半押しから全押しするまで、つまり私の脳ミソから指先まで神経が伝わる間にサカナが動いちゃってるんですね・・・。サカナが速いのか、私がトロいのか・・・。
背景が、青抜きとかサンゴ抜きとかイソギンチャク抜きならいいんですが、ゴミ抜き?だとせっかくのお目当てのサカナなのに残念な仕上がりになります。やっぱり背景は大事ですねー


奇跡的にピントが合ったと思えば、こんな角度だし・・・(笑)


成長すると、こんなふうに天使の輪が薄くなって消えていきます。


成魚になるとこんな感じのただの白黒になってしまい、スルー対象です。



ヒレナガスズメダイ(幼魚)
幼魚のうちはタイガース模様です。成魚になると真っ黒になって全然可愛くなくて完全スルー対象です。
スズメダイって同じ場所に何匹もいるのが普通ですが、このオサカナは単独で泳いでることが多いようです。



ニセメッタイスズメダイ(幼魚)
たくさんいるし、じっとしてるので撮りやすい魚です。成魚になると黒い丸は消えてなくなり、そのかわり胸びれの付け根にポチッと斑点が出てきます。


それにしても「ニセ」というのは可哀想な名前です。「ニセ」のつかないほうよりこっちのほうが好きです。


ツユベラはなんでスズメダイの方に向きを変えたんでしょうね?縄張りを主張して威嚇してるんですかね?



ネッタイスズメダイ(幼魚)
こちらは「ニセ」がつかないほうです。「ニセ」と違って黒い丸がないです。・・・というか、ネッタイスズメダイとニセネッタイスズメダイって、幼魚も成魚も間違えるほど似てないと思います。素人目に見ても明らかに別種です。当事者たちも「イイ女がいたから婚姻色になってアピールしたらよく見たらニセモノの♂だったんで恥かいちゃったゼ!」なんてことはないと思います。



バーチークダムゼル(幼魚) (2014-6-1 追記:ドムワゼルでなくダムゼルでOK)
はい。これもお目当てのお魚です。カザリスズメダイという和名がありますが、日本にはいませんし、パラオにもいないと思います。フィリピンの固有種かな~?ちょっと目つきが悪いですが、カラフルだし黒い丸があるし綺麗です。


ローランドダムゼル ローランドドムワゼルほどではないですが、結構動きが速く難しいです。息を止めるて撮ると後で頭痛がします。 (2014-6-1訂正:ダムゼルでなくドムワゼル)


はい!正面顔です。でも、なんか可愛くないなぁ (-.-) 正面顔はチョウチョウウオやハナダイのほうが可愛いかも。。。


ちなみに、成魚になると、こんなふうになっちゃいます。青抜きで撮ってもあんまり絵にならない(笑)



スプリンガーズダムゼル スプリンガーズドムワゼル (2014-6-1 訂正:ダムゼルでなくドムワゼル)
フィリピンの固有種だそうです。鮮やかな青色に黒いまだら模様があります。まだら模様は個体によってまちまちです。デバスズメとかソラスズメと混じって枝サンゴに群れていて、前もってこのオサカナを知っていると、「あ、いたいた!」と気付きますが、知らないとどこにでもいるサカナと思ってスルーしちゃいます。予習して出かけた割に知らなかったです。。。


かなり神経質ですぐ引っ込んじゃいますが、こちらが動かずにいれば、警戒心が解けてじっとしててくれます。



ヤマブキスズメダイ(幼魚)
どこに行ってもたくさんいるし、じっとしてるので撮りやすい魚です。幼魚は可愛いので大好きです。
実はこの写真と次の写真は、キヤノン純正24-70mm/F2.8Lの70mm側で撮ってます。陸上専用だったんですが、初めて海に沈めてみました。するとビックリ!70mmって結構使い勝手がいいです(APS-Cだと45mmのレンズをつけた感じ)。ハゼやギンポやいろんな幼魚は100mmに限りますが、チョウチョウウオやヤッコダイは70mmくらいがよいです。このレンズは38cmまで寄れるし、解像感もズームなのになかなかいいです。単焦点ならシグマに70mmマクロって評判の良いレンズがあるんですが、撮影距離が25.7cm~48cmと55cm~無限遠の切り替え式なんですよねぇ。50cmあたりで切り替わるのは水中では使い勝手がかなり悪いのは想像に難くないので買わずにいます(水中で切り替えできないのでEN前に切り替えとく必要あり。)


後ろにいる幼魚がすごく小っちゃいです。


こうしてヤギのところにじっとしてくれてるので、背景を気にしなくてもそれなりに絵になってくれます。なんだか光の感じが室内の水槽の中か水族館で撮ってるみたいに見えなくもないですが、ちゃんと水中で撮ってます ^^;


正面顔ゲット!


大人になると、結構デカくなります。スズメダイの中でも大型の部類だと思います。ドヤ顔で可愛くない・・・



クロオビスズメダイ
たくさんいすぎて、撮るのをうっかり忘れそうになった魚 ^^; 他の魚と一緒に偶然写りこんでるのはたくさんありましたが、この魚が主人公なのは1500枚撮影したうち、たったこの1枚でした。よく見ると目の周りが青かったりして可愛いです。



ミスジリュウキュウスズメダイ
これもどこの海にもたくさんいすぎて誰にも撮ってもらえないお魚の代表格・・・といったら可哀想かな。
フタスジ、ミスジ、ヨスジとシリーズ化されてるお魚です(笑) ヨスジはこのミスジとそっくりですが、尻尾にも黒帯があります。フタスジとミスジは太平洋~インド洋に広くいますが、ヨスジは太平洋にしかいないんです。フタスジは1枚も撮らなかったです ^^;



デバスズメダイ
これまたどこでもお馴染みの魚です。アオバスズメダイとの違いって知ってます?胸びれの付けに点がないのがデバで、点があるのがアオバです。目が悪いので水中だとほとんど判別できませんが・・・(T_T)
こうしてよく見てみると、鼻先に青い筋があったりして可愛いカモ。。。幼魚だともっと可愛いんでしょうかね?


デバスズメは、同じ方向を向いてるのが絵になると思うので、私の場合、2回連続で撮ります。なぜ2回かと言うと、1回目はストロボを光らせてビックリさせて枝サンゴの中に引っ込ませるのが目的です。・・・で、2~3秒すると枝サンゴから出てくるのですが、出てくるときにこんなふうに同じ方向を向いて出てくるので、このときを狙います。でもストロボ光量をできるだけ弱くしないと、こんなふうにせっかくの青い色が白に飛んでしまってデバスズメの色が台無しになります。まだまだ修行が足りません (-.-)


・・・かと言って、太陽光だけで撮ると、肉眼で見たような自然な色合いでは撮れますが、デバスズメが驚いてないのであちこち向いてしまって散漫な感じです。
ストロボをフル発光にして、1回目でまず驚かせて、充電完了する前に2枚目を自然光で撮る、みたいな工夫が必要そうで、デバスズメって意外と難しく奥深い被写体だったりします。


はい。スズメダイははこれにてお終いにします。
他のお目当てのブルースポットダムゼル、バーローズダムゼルは撮れませんでした。。。


★クリックしたページにジャンプします★
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)


 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ゆかちんさんへ -  のんべぃ - 2012年06月21日 21:20:00

ありがとうございます。

ミスジちゃんがお気に入りですか・・・意外でした・・・
この一枚を適当に選んでアップしましたが、
もっと違った角度からのとか何匹も入れたのも撮ったので、
ボツにしたやつの中にゆかちんさんがキャーかわいい~☆ってのが
たくさんはいってるかも。。。

クロメガネは割と大人しくしてくれてたので、
撮りやすかったですよ~
わたしは浮遊物ですよ~何でもありませんよ~って漂いながら
そ~っと近づくんです(笑)

ニセネッタイスズメ with サンゴは、僕も我ながらお気に入りです。
そうですよね~ サンゴとかイソギンチャクの色合いって大事ですよね~!
ゴミ抜きだと台無しになっちゃいます。。。

ヤマブキは一番撮りやすいかも。。。
背景がきれいなところでこっち向いたままじっとしててくれるので。

バーチークいいでしょ~?って幼魚じゃなくて成魚ちゃんのほうですか!

また行って今度はローランドを確実に撮りたいです。
きれいな背景で!

ゆかちんさん、一回セブ島方面に行ってみたらどうです~?
ゆかちんさんの大好物がたくさんいますよ~(^^)

- ゆかちん - 2012年06月20日 21:22:03

どの写真もすごいなって思います(^^)

ミスジリュウキュウスズメダイが一番お気に入りです。
黒いスズメちゃんってなかなかピント合わないし、
可愛く撮れない気がするんですが、
めっちゃ可愛く撮っていらっしゃいますね~☆

クロメガネスズメは石垣でいっぱい会ってきたんですが、
動きが早くて全然撮れませんでした(T_T)
横も正面もばっちりですね!

ニセネッタイスズメの可愛いサンゴと一緒に写ってる写真も素敵です。
ピンクと水色のサンゴ、可愛すぎます。
背景はやっぱり大事ですね~!
こんな可愛いサンゴをみたら、サンゴだけでも撮ってしまいます(^^)

ヤマブキスズメの3枚目はほんと水槽のなかみたいでキレイ!
こうゆう場所を見てみたいです。

バーチークスズメ、可愛~い!逢ってみたいです!
青抜きイイですね~。
まわりに何気なーくいっぱいクロオビスズメがいるのがすごい!

ゆかちんさんへ -  のんべぃ - 2012年06月18日 23:34:17

コメントありがとうございます。恐縮です。。。
今回は、かなりゆかちんさんの撮り方をかなり参考にしたのでありますよ~
ちなみにどの写真がよかったですか~?
100mmだと大きく写るけど距離が少し遠くなるので暗いときとか濁ってるときはAFが迷いますよね。
明るくて透明度いいときはAFなんですが、AFが行ったり来たり迷うときはAFとMFの切り替えをかなりやりました。

- ゆかちん - 2012年06月17日 11:01:44

イイ写真撮れてますね~!すごい☆

私、100mmにかえてから、スズメダイはさっぱりで、
100mmのAFじゃスズメはなかなか撮れない
ってことにやっと気づいてきた今日この頃です(^^;)

そろそろMF練習していこうかな~!

きょんさんへ - のんべぃ - 2012年06月03日 11:02:03

きょんさん、いつもコメントありがとうございます!
へっぽこ写真だなんて・・・伊豆で見ることのできない魚を興味津々で楽しく撮られていたし、よい写真もたくさんあったじゃないですか~
伊豆より和歌山、和歌山より柏島のほうが、南国の魚がいるようですね。でも和歌山や柏島より沖縄の方がアクセスいいので聖地の柏島で潜るのはいつになることやら・・・
あ、ハナダイなら伊豆もなかなかのもんだと思いますが、水深がちょっと・・・。

スズメダイシリーズ - きょん - 2012年06月03日 10:58:24

こんばんは!
スズメダイを色々可愛く撮影していらして、楽しく拝見しました。
私のボホールのへっぽこ写真とは大違いです(笑)
スズメダイ系は伊豆では種類があまりいないので
南の海にはずいぶん沢山いるように感じます。

プロフィール

 のんべぃ

Author: のんべぃ
神奈川県藤沢市在住

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。