FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-9 沖縄本島 本部(7)

★クリックしたページにジャンプします★
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)



ヨスジフエダイ
至近距離まで寄ってもほとんど動じないサカナなので、超ワイドで綺麗な青色バックで太陽入れて撮りたいイメージなんですが、そういうときに限って気合い入れて超ワイドで潜ると、潮が止まってて浮遊物がたくさんだったり、流れもないので群れの向きもチグハグだったりするんですよね~。このときは100mmマクロでエントリーしましたが、少しだけ流れてて透明度もよく、絶好の超ワイド向きコンディションでちょっと後悔しました。。。


100mmマクロのときのヨスジの群れってどう撮るか悩んじゃうんですよね~


横からも撮ってみたり・・・


斜め前から撮ってみたり・・・  2匹ほど写りたがり?な個体がいます。



アカヒメジ
ヨスジフエダイって来るものは拒まずですよね。ノコギリダイとかアカヒメジが混じってることが多いですね。流石にマルスズメが混じってくるのは拒否しろよ!って感じですが。


ヒメジというからには、ヒゲが2本あって海底の砂の中のエサを探してそうなもんですが、アカヒメジのお食事中の姿ってあんまり見かけませんねぇ。いつ食べてるんだろ?



スカシテンジクダイ&キンメモドキ
上の写真と同じポイント(水納島)で2日連続で潜ることになったので、今度は超ワイドで臨むことにしました。
ヨスジの群れがいたところに行く前に、まずはスカテンとキンメの根に案内されたので早速激写です。
透明度も抜群で背景の青色も申し分ないコンディションでした。
やっぱりワイドって風景写真撮ってるみたいで楽しい♪ あんまりテクニック必要ないし(笑)


ワイドマクロで撮ってみることにします。キンメとスカシのコラボ♪ 顔が見えないけど根の主のユカタハタかアザハタがいます。これがもっと手前まで出てきてくれればいいんだけど、デカいくせに意外とシャイなんですよね。。。


もっと寄ってみます。バブルコーラルもいい感じ~♪


むむむ!?スカシがワタシの異変に気付いてざわついてるような?


ん??キンメも落ちつかないような???

はい、そうです!写真をよく見てくれてた読者の方は既にお気付きかも知れませんが、画像の下の部分にあるのはハウジングに浸水した水です。スカシもキンメも 「おいおい!アイツのカメラ水が溜まってるぜ、俺たちのせいじゃないもんね~知~らない!」 と言っております。。。最初はマスクの中に水が入ったかナ?と思ったんですが、マスククリヤするまでもなく水没の兆候と分かりました。ヒェ~どうしよう! w(゚o゚)w

これはさすがにマズい事態なので撮影中断、指示棒でタンク叩きましたが、ちょっと距離があったので他の2人(ガイドのSちゃんとバディ)は気付いてくれません。知らせに行こうと思ったけど、ハウジング内にどんどん浸水していくスピードを目の前で見てみると、かなりやばい状態なので、ここはもう浮上しちゃえ!と決断。透明度がいいので、Sちゃんなら浮上してる自分の姿を見れば何があったかすぐ気付いてくれるはずです。。。
-20mなので1分ちょいかけて浮上することにしました。-20mからの浮上ですが、まだこの日1本目、エントリから10分ちょい、体内残留窒素も少なそうなので安全停止なしでOKだろうと勝手な判断をしました。

ゆっくり浮上中、ハウジング内の水位がどんどん上がってくるのが目の前で見えるんですが、液晶の下半分1/3の水位まで水没してきたあたりでもうパニックです。パニクりつつもボディとレンズとメモリカードのどれを救うかで悩み、メモリカードを救うべく、レンズを下向きにしてメモリカードが一番高い位置になるようにしました。値段はレンズが一番高いというのに、なんでそんな判断をしたのか今となってはわかりませんが、よっぽどアミメちゃんの写真に未練があったんだと思います。

とりあえず浮上したら、ガイドのSちゃんも浮上してきてくれて船(みんな潜ってるので無人です)に上がるのを手伝ってくれました。(Sちゃんありがとう!)Sちゃんはバディを海底に残したままなので再び海底へ。。。

船に上がったら、まずはレンズ下向きのままドームポートを外して海水をドバーッと出し、ハウジングからカメラを取りだしてセーム皮で水分を拭き取りました。次にメモリカードと電池を抜いてタオルで包み、カメラとレンズのあらゆるスイッチや可動部を口でチューチュー吸ってペッと塩水を吸い出しました。(そう、毒ヘビに咬まれた時によくやるアレです。・・・咬まれたことないのでやったことありませんが。)
船の上で一人オッサンがカメラに熱烈にチューチューしてる姿は、何も知らない近くの船の人から見たら、カメラに熱烈に恋してしまった狂人の変態のオッサンに見えたことでしょう。でもこっちは半分泣きべそかきながら必死だったんですよ。
真水がなかったので麦茶をカメラとレンズにかけて塩分を薄めてチューチューというのを何度も繰り返してから虫干ししたら、あら不思議、カメラもレンズも息を吹き返しました。メモリカードも電池も無事でした。

多分、レンズは防塵防滴仕様でドシャ降りや砂埃の中でも使える業務用仕様のものなので、海水がチャプチャプかかった程度なら平気だったんでしょう。ボディもEOSの一桁Dシリーズは、レンズマウント部分やスイッチやカバーが頑丈で手の混んだ作りになってるのでこれまた大丈夫だったんだと思います。

機材も無事、カメラも無事で結果オーライでしたが、後になって思ったのは、勝手な判断で浮上をして、もしなんかあって救急搬送なんかになったら、お店や他のチームのゲストにも迷惑かけちゃうとこだったと思い反省しました。Sちゃんにも反復ダイブで負担をかけちゃって申し訳なかったです。

浸水原因が不明だったので、その後の撮影は打ちきりました。
手ぶらで潜ったのは200本ぶりくらいかな?なんか抵抗が少なくて泳ぎやすいし、両手がフリーってのは解放感があって新鮮な感じでした。

ただ、カメラがないときに限って出ちゃうんですよね~、大好物が・・・
-25mでのナカモトイロワケハゼ、-15mでのスミレヤッコとたくさんのアオスジスズメダイ・・・
(どちらも本部以外のポイントでは-40m程度だと思います。)
あと、流氷の下にいそうな光るクラゲ(虹色の光がパチンコ屋?のネオンみたいに走るやつ)を見ました。
あぁ、こんな深度でこんなオサカナ(とクラゲ)に逢えたのに勿体ない!予備のカメラがあればどんなによかったかなぁ~
とヒジョーに残念だったです。(-.-)

夜はSちゃんのバイト先でちょっとリッチなお食事。。。いいお値段だけど2回も行ってしまった!美味かった!



ということで、3日間の本部のログはこれでおしまいです。
結局、プチ水没の原因は、戻ってきて判ったのですが、単なるセッティング不良でした。。。
スミレヤッコとアオスジスズメダイが撮れなかったのは超残念だったので、5Dmk3とハウジングを導入し、これからは2台体制にすることにしました!また今度リベンジしに行こう~♪


★クリックしたページにジャンプします★
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)


 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます - - 2014年08月03日 09:58:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きょんさんへ -  のんべぃ - 2014年03月08日 19:56:08

きょんさん、これから家を出て与那国に出発という忙しいところ、
お久しぶりのご訪問、ありがとうございます。嬉しいです。
平和島の天然温泉のWEBコーナーからお風呂上がりにでもよかったのに・・・(爆)


> どきどきしちゃいました~。
> ご無事で本当に良かったです。

緊迫したパニックの実況、伝わりました?(笑)
どきどき感が伝わってよかったです。

-20mくらいまでいって圧力がかからないと浸水しないような水没のパターンもあるんですよね。
今回初めて知って勉強になりました。

「なんか、いつもより蓋閉めるとき固いような?」と思いつつ、揺れてる船の上だったんで
気のせいかと思ったんですよね。
水槽が船になかったので、船の上からカメラを海につけて水没チェックしたところOKだったので、
やっぱり気のせいだと安心してしまいました。

でも実はカメラのセッティング位置が少~しだけズレてたんですよね。
ズームレンズのギヤとハウジングの歯車がきちんと噛み合ってなかったんです。
それを強引にパチンと蓋しちゃってたんです。

-20mまでいったら蓋に均等に圧力がかからなくて、隙間から浸水しちゃったというパターンです。
3秒、30秒、3分の水没チェックでも完璧なチェックではないって学習しました。
おー怖い怖い。。。
 

こんばんは! - きょん - 2014年03月02日 19:15:14

ワイドの写真もお上手~なんて暢気に読んでいたら大変なことに・・・。
どきどきしちゃいました~。
ご無事で本当に良かったです。

kinnikun_yui さんへ - のんべぃ - 2014年02月26日 08:04:07

コメントありがとうございます。

ホント、ぎりぎりセーフでした。
ドームポートだったから大きな空間に水を溜めることができたけど、
マクロポートだったら、完全水没だったと思います。

あと、防塵防滴レンズってのはすごいなと思いました。
Lレンズのカタログの表紙に水をバシャーっとかけられてる写真があって、
こんなことしたらさすがにダメだろ~?と思ってたんですが、まんざらウソでもないみたいです。


>水没リスクも手間も少なくなりそぅ

そうなんですよ。ワイドとマクロの切り替えって、ワタシの場合電気接続なこともあって、
30分くらいかかっちゃうんです。水没チェックもしないと気が済まないし。
今回もあわててセッティング変更してミスったのが原因でした。
ミッドウェー海戦の敗因みたいです。一度つけたものは慌てて変えちゃいけませんね。


> 40D×60mmでも

フルサイズの100mmと同じですね。
kinnikun_yui さんもたまには沖縄でも行ってみてください~
透明度30m以上、真っ白い砂、やめられまへんで~

海河童さんへ - のんべぃ - 2014年02月26日 07:35:05

コメントありがとうございます。

> ニコンのAW1

ミラーレスですね。これなら水没しても大丈夫そうですね。
巨大なタラバガニより、1灯でこういうのがあったらいいなぁ・・・と思う時があります。
流れが強い時は特に。。。

去年の今ごろパラオに行った時、おじさん(自分もおじさんですが)が ニコノスRS を
使ってました。休憩時間のたびにジーコジーコいってました。

- kinnikun_yui - 2014年02月25日 19:09:06

ぎりぎりセーフ、だったんですね!
kinnikun_yuiだったら、きっと諦めてるかな(^^;)

2台体制、いいですねー。
(マクロ用とワイド用で)いちいちポート交換しなくてもよくなるので、
水没リスクも手間も少なくなりそぅ………(陸での)手入れの手間が倍になりますね(笑)

100mmでも、素敵なワイド(もどき!?)撮れるんですね!
ということは…
40D×60mmでも…
…よっぽど透明度が良くないと綺麗に撮れないですよね?(和歌山では…^^;)


- 海河童 - 2014年02月25日 10:29:14

そろそろアナログカメラからデジカメに変えようと思っているのですが、
(って、今頃かよっ!?って突っ込みは無しね^^)
プチ水没のことを考えると、ニコンのAW1が気になるのですが……

先日、わたしのブログのアクセスを解析したところ、
ニコンからのアクセスがありました。

ニコノスのデジカメ版を出して欲しいとの記事、読んでもらえたかな~?

海河童さんへ -  のんべぃ - 2014年02月24日 18:38:42

コメントありがとうございます。

> カメラ無事でよかったですね^^

はい。レンズは前玉とフォーカスリングのあたりがジャブジャブ洗われてたので
浮上中はもうダメかと思ってましたが、なんともなかったのですごく得した気分でした。


> って、船の上でカメラにちゅーちゅーしているのんべぃさんは、
>
> み、み、見たくない><

ぶははは。その場にいたら必死な姿に笑えたかも。かなり濃厚だったですから。
プチ水没用に船に掃除機が常備されてれば、チューチューより強力に吸引できるのでいいんですけどね。
そんなのクルーザーならともかく、和船じゃ無理ですね~

- 海河童 - 2014年02月23日 10:23:09

カメラ無事でよかったですね^^

って、船の上でカメラにちゅーちゅーしているのんべぃさんは、

み、み、見たくない><

プロフィール

 のんべぃ

Author: のんべぃ
神奈川県藤沢市在住

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。