FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-3 パラオ(11)

★クリックしたページにジャンプします★
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)


お次は浅いところのマクロシリーズです。

カニハゼ
ジャーマンチャネルの砂地なんかでもよく見かけるんですが、撮りやすくて、パラオじゃないと見れないような気がするのでつい撮っちゃいます。


近づいてもへっちゃら。ひたすら砂(の中の有機物)を食べてます。巣穴に引っ込まないし、警戒心ゼロなのでワタシみたいな初心者には持ってこいです(よく外人から「プロカメラマンか?」と聞かれるんですが実は初心者です)。そもそもカニハゼって巣穴あるのかな?


左から右からどうぞ♪状態です。(畑中葉子みたい♪)



ギンガハゼ
黄変バージョンですが、普通のバージョンより多いような気がします。弁当島で昼休み中にシュノーケリングしながらでも撮れちゃうくらいどこにでもいるんですが、せっかくタンク背負って潜ったので寄れるだけ寄って撮ってみました。


ギンガハゼもアケボノハゼも美智子さまが名づけたそうですけど、天皇陛下も美智子さまもダイビングなんかやらないですよねー? 水槽のやつをご覧になったのでしょうか?


これはあんまり綺麗じゃない方の普通のギンガハゼ。綺麗な方の黄変バージョンは以前は違う種類と思われていてコガネハゼという名前だったそうです。



ネイキドヘッドシュリンプゴビー
ダテハゼの仲間だけど横文字の名前だとなんか撮らないと損する気がするのでつい・・・



スターリーブレニー
待ってたけど、相当この窪みが気に行ってるらしく、なかなか出てきてくれませんでした。


むさくるしい顔してるけど、ブサ可愛い。



ウスモモテンジクダイ
すごくたくさん群れてました。こんなときにワイドも一緒に持って入ってればと思うんですけどねぇ。


アップで撮るとこんな感じで、どうということはありません。
やっぱりスカテン撮るときみたいな感じでムレムレをワイドマクロで撮るのがよさそうです。



クロオビアトヒキテンジクダイ
ウォーリーを探せというほどではないですが、ウスモモテンジクダイの中に1%くらい?混じってます。



ブラックアクシルダムゼルyg ブルースポットドムワゼルyg (2014-6-1訂正)
幼魚ちゃんです。めっちゃ小さいしチョコチョコ動くし着低して撮れるわけでもないのでのでピント合わせがタイヘン(@_@)


もう一枚。サンゴがきれいです。


さらにもう一枚。


成魚になるとこんな感じ。。。これはブラックアクシルダムゼル確定~ (2014-6-1追記:ブラックアクシルダムゼルでOK)



マンジュウイシモチ
ニシキテグリの産卵狙いでマリンレイク行きましたが、イチゴパンツは必ずいるのでつい撮っちゃいます。このサイズは幼魚ですかね。


人間が近づくと10秒くらいかけてゆっくり向こう向きになるんですよね。
こんなスローモーなサカナがなんで遠く離れたフィリピンや八重山にもいるのか不思議です。


これは産まれて間もない稚魚だと思います。模様がまだ薄いハッキリしてません。幼魚や成魚と違って向こう向きになろうとしません。ライトを照らすとプランクトンが見えるらしくしきりにパクパク食べてました。



謎のイシモチ モンツキイシモチ (2014-6-1訂正)
マリンレークの海底の岩陰に見慣れないのが単独でいるのを見つけたので撮りました。
ガイドさんにあれこれ聞きましたが、結局名前わからず。。。
もしかして新種かなと思ってFBに載せてみたら、モンツキイシモチでは?というご意見をいただきました。
でも肝心の紋付きの紋がない。。。夜だと紋が消えるのかな??
(2014-6-1追記:よ~く見ると、第2背びれの基底部あたりに黒斑が出てます。)



実は、前回のマリンレークのニシキテグリは暗くてAFが効かず完敗だったので、今回はリベンジのため、AFがギリギリ効く程度のDIYで作った特製の赤色フィルタと、暗くてAFが効かない場合はMFでも撮れるようにMF操作リングを買い足して臨んだのです。
で、産卵しそうなニシキテグリのつがいを自力で見つけたので、薄暗くぼや~っと照らし、シャッタースピードも絞りもストロボ光量もAF動作も準備万端で、あとは産卵行動をするのを待つだけの状態でファインダーをのぞきながら数分間待ってたら、一緒に潜った若い女のコが私の方に寄ってきました。
むむむ・・・やだな~あっち行ってくんないかな~と思いつつ、ファインダーから目を離すわけにもいかず、そのまま産卵を待ってたら、どうやら私のカメラのレンズの延長上につがいがいるのを見つけたらしく、手助けのつもりなのか自分も撮りたかったのかただ見たかっただけなのか知りませんが、500ルーメンくらいの強烈なライトを直撃してくださいました。
ありがとう。おかげで一瞬にしてサンゴの奥の方に引っ込んじゃったぜ~
こんなことになるんなら、あのコが近づいてきた時点で産卵前のつがいの写真でも撮っとけばよかった・・・トホホ。

結局、その後、別個体のニシキテグリの産卵を目撃はしましたが、突然のことでカメラを構えておらず写真に撮ることはできませんでした。

夏に石垣でリベンジしてきます。今度は邪魔されないようにマンツーで。。。


★クリックしたページにジャンプします★
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)


 
≪PREVNEXT≫
プロフィール

 のんべぃ

Author: のんべぃ
神奈川県藤沢市在住

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。